広島市に旅行・出張する

広島市とはどんな都市か

広島市とは、中国・四国地方の中心都市で、約118万人の住民が住んでいる政令指定都市であり広島県の県庁所在地です。広島市は、区政をひいていて、中区、東区、南区、西区、安佐南区、安佐北区、安芸区、佐伯区の8つあります。また、8月6日に原爆が落とされた街として長崎市とともに世界的で有名な都市です。広島市といえばどういうイメージがあるかというと、広島東洋カープ、サンフレッチェ広島、広島風お好み焼き、牡蠣、オタフクソース、自動車のマツダ、平和都市、広島フラワーフェスティバルなどが思いつくのかなと思います。

広島市は「3Bの街」

広島市は、俗に「3Bの街」と言われているようです。3Bとは、Bus(バス路線が多い)、Branch(東京・大阪本社の支店が多い)、Bridge(デルタ地帯ということもあって橋が多い)のことを言うようです。これから、広島市に旅行や出張で訪れる際の特徴点や注意点などを紹介していきます。